お茶と健康

  茶は体と心、両方にやさしい。美味しく飲んで、元気&リラックス

お茶は、無糖でノンカロリーなのにおいしく、しかも食事や甘味との相性もすばらしい嗜好飲料です。
また、必要な栄養がバランスよく含まれたすぐれたスポーツ飲料として高く評価されています。
さらに近年、健康への効果について、多くの研究成果が発表され、病気予防、健康維持のための保健飲料としても世界的に注目されています。
お茶には体に良いたくさんの成分が入っていますが、なかでも代表的な成分を紹介します。

 カテキン類

・抗酸化作用、抗突然変異作用があります
・でんぷんなどの糖質の分解を防ぎ、ブドウ糖としての吸収を抑え、結果として肥満予防や血糖値の上昇を防ぎます
・コレラ菌やO-157など食中毒菌に対し、強い殺菌力があります。また、腸内の悪玉菌を殺し、ビフィズス菌などの善玉菌を増やします
・「べにふうき」という品種に多く含まれるメチル化カテキン(カテキン類の一種)は、花粉症のアレルギー症状緩和に効果的
・悪玉コレステロール(LDL)の上昇を抑えます
・虫歯菌の繁殖を抑えて、虫歯になるのを予防したり、口臭を防ぎます
point
湯呑み一杯のお茶に含まれるカテキン類の量は70~120mgです。

 

 カフェイン

・疲労回復、覚醒効果、利尿作用があります
・脂肪の燃焼を促進や飲みすぎた時の酔い覚まし効果など
・強心作用があり、血行を良くします
point
湯呑一杯のお茶に含まれるカフェインの量は30~50mgです。

 

 テアニン

・カフェインの作用を穏かにします
・脳の神経細胞に作用してリラックスさせる「ヒーリング(癒し)効果」があります
point
テアニンはお茶特有の成分です。上級煎茶、玉露、かぶせ茶に多く含まれています。

 

 ビタミンC

・抗酸化作用、免疫力向上、疲労回復、風邪の予防や美肌効果があります
・茶のビタミンCはカテキンが守るため熱にも強く、緑茶5杯でレモン果汁100g分と同じ量(50mg)をとることができます
point
成人男女の1日あたりのビタミンC推奨摂取量は100mg。
お茶10杯分で摂取できる計算になります。

 

 フッ素

・葉の表面を強くし、虫歯にならない抵抗力をつける成分です
point
緑茶中のフッ素の含有量は、煎茶で90~160ppm、番茶で150~350ppmです。

 

 ミネラル

・新陳代謝が円滑に行われるために必要な栄養素
・茶には塩分過多に効果的なカリウムが多く含まれるほか、カルシウム、マグネシウム、鉄等など含まれています
point
暑い夏にカリウムが不足すると、「夏バテ」症状として現れることもあります。

 

 サポニン

・朝鮮人参など漢方薬の主成分として知られている成分
・インシュリン作用、抗疲労作用、精力増強作用、血栓予防作用などさまざまな効果を持っています
point
茶殻は水に溶けない栄養素の宝庫です。

< ほっとひといき日本茶入門 引用 >
PAGE TOP